月光華亭 会議室

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■213 / inTopicNo.1)  【二年目】GMをするために必要とするルールブックについて
  
□投稿者/ 紫嶋桜花@管理者 -(2009/10/31(Sat) 22:01:02)
    詳細カテゴリ:[柘榴石亭サイトルール] 
    カテゴリ:[SW2/ルール] 

    2009/10/31(Sat) 22:10:35 編集(投稿者)

     このツリーでは、参加者の皆さんから頂いたアンケートの結果を踏まえて、以下の内容について討議いたします。


    ●プレイヤーとして参加するために必要なルールブックの範囲
     (ルールブック2以降を必要とするか? するならば、どの段階からにするか?)

    ●ゲームマスターがセッションを開催するために必要とするルールブックの範囲
     (ルールブック3を必要とするか?)

    ●セッションに使用が可能なルールブックの範囲
     (特に、採用すべきでないデータなど)

    ●必要な範囲と可能な範囲が異なる場合、そこを埋める方法
     (一部データの振り替え、封印、制限されたセッションへの参加の可否など)


引用返信/返信 削除キー/
■214 / inTopicNo.2)  案ほか
□投稿者/ アザレア -(2009/10/31(Sat) 22:53:35)
    短時間でまとめたので穴も多そうですが、ひとまず。


    ●プレイヤーとして参加するために必要なルールブックの範囲

    初期はルールブック1のみでも構わないと思いますが、レベルが上がってくると、1のみではGM・PL共に負担が大きくなると思います。
    冒険者レベルで区切りをつけるとしたら、自動取得の戦闘特技のある5レベルからか、魔法リストの関係で7レベルからか、のどちらかでしょうか。
    高レベル移行後は必須、でもいいかもしれません。(移行自体は不所持でもできるとして)


    ●ゲームマスターがセッションを開催するために必要とするルールブックの範囲

    アンケートの結果を見る限り、3まで必須とすると半数近くのGMを切ることになりかねないので、やはり必須は2までの方が良いかと思います。


    ●セッションに使用が可能なルールブックの範囲

    3までは可能として欲しいです。ただ、
     ・地方による神聖魔法の消費MPの増加については、不採用とするのが公平かと思います。
     ・性別限定の装備については、性別を問わない(名称は据え置き)とするのがよいかと。
    アルケミストワークスについては、読み込んでいないので判断保留としています。


    ●必要な範囲と可能な範囲が異なる場合、そこを埋める方法

    ルールブック2までを基本として、3のルールを使用したPCの扱いについての案を。
    (?がついている所については、考え中です)
    ○アイテムについて
     ・GMはルールブック3のアイテムの持ち込みを禁止することができる
     ・武器防具については、ルールブック3のものを使用する時は、2までのデータで使える代替装備を用意する(必須か推奨か?)
    ○ライダー技能について
     ・ライダー技能については取得制限なし
     ・ルールブック2までの卓に参加する場合は、騎獣は持ち込み不可、ライダー技能で行うその他の行為判定のみ行えるものとする(著作権を侵害しない程度にハウスルールに提示)
    ○戦闘特技について
     ・自動取得の特技は、2までの卓では取得していないものとして扱う
     ・自動取得以外のルールブック3の特技を取得しているPCは、2までの卓には参加できない
    ○魔法・錬技・呪歌などについて
     ・11レベル以上の魔法技能を持つPC:11レベル以上の魔法は使用できない。レベル及び魔力はそのまま
     ・ルールブック3掲載の錬技・呪歌を取得しているPC:これらの錬技・呪歌は2までの卓では使用できない。レベル及び基準値はそのまま

    ■実際の運用例
     募集時にGMが「ルールブック2まで」と明言する
     →PLはルールブック3のアイテムを封印した状態で希望を出す(希望に武器防具を明記?)
      ※代替装備を所持していないPCは、参加希望を出せない
      ※ルールブック3の、自動取得以外の戦闘特技を取得しているPCは、参加希望を出せない
      →セッション中:ライダーは騎獣を使用できない
             :11レベル以上の魔法は使用できない
             :ルールブック3掲載の錬技・呪歌は使用できない


    以上、読みにくければすみません。
引用返信/返信 削除キー/
■215 / inTopicNo.3)  案など
□投稿者/ wingate -(2009/10/31(Sat) 23:01:38)
    1.プレイヤーとして参加するために必要なルールブックの範囲
     (ルールブック2以降を必要とするか? するならば、どの段階からにするか?)

    1-1登録所の段階ではるるぶ2は必要ない。
    1-2高レベル移行時からるるぶ2を必要とする。

    2.ゲームマスターがセッションを開催するために必要とするルールブックの範囲
     (ルールブック3を必要とするか?)

    2-1高レベル帯7以降辺りから必要とする。

    3.セッションに使用が可能なルールブックの範囲
     (特に、採用すべきでないデータなど)

    3-1るるぶ3は使用可能。AWは可能だといいな程度(曖昧ですが・・
    3-2神聖魔法のMP増加辺りでしょうか。(騎獣の維持費必要なければ嬉しいですが・・)

    4.必要な範囲と可能な範囲が異なる場合、そこを埋める方法
     (一部データの振り替え、封印、制限されたセッションへの参加の可否など)
    4-1ライダーは騎獣に乗らなければ、応急手当、受身、地図作成、魔物知識ができるだけってのが情報としてわかっていれば、このセッションは騎獣に乗れませんでいいとは思う
    SNEの著作権を侵害しない範囲(=1〜2のるるぶがなきゃ理解できない範囲)で説明を出してしまうわけです
    アイテム及び騎獣の場合は持ち込まない。使用不可ということで。
    つまり、るるぶ2?の範囲で装備可能な装備セットは下取りに出さないで持って置きましょう。という注意を追加する。

    とりあえずこんな感じでしょうか。
引用返信/返信 削除キー/
■216 / inTopicNo.4)  まず、柱となる2点について
□投稿者/ 紫嶋桜花@管理者 -(2009/11/02(Mon) 21:36:12)
    2011/01/27(Thu) 18:06:56 編集(管理者)

    《必須とするルールブックの範囲》

     ・プレイヤーは、ルールブック1のみ
     ・GMは、ルールブック1および2。
      ……ただし、レベル11以上のキャラクターが参加する可能性のあるセッションはルールブック3も必要


     とりあえず、柱ということでこの2点はこれでいいのではないかというのが私の意見です。
     この後、可能範囲や調整方法によってこの柱も変更されるかもしれませんが、ここではこうしておいて、それ以降の話を進めてはどうでしょうか。


     プレイヤーについて、ルールブック2以上のルールを必要とするかどうかという話ですが、このスレッドでアザレアさんが出していらっしゃる、
    >高レベル移行後のプレイングには必須(移行自体は不所持でもできる)
     というのは、現実的な案ですばらしいと思います。ただ、条件や細則を増やすということは、つまり初めて来た人への案内がそれだけ増えるということでもあります。
     案内自体はカンペでも作っておいてそれを見ながら進めれば漏らすことはないでしょうが、初めて来た人が覚えなくてはならない事項が増えるというのはよいことなのでしょうか?
     従って、ルールとしてはあくまでも上記の2点にとどめたいと考えます。(GMについての細則は、ある程度月光に慣れてから触れるものでしょうから、採用してよいものと思います)
審議完了
引用返信/返信 削除キー/
■217 / inTopicNo.5)  案etc
□投稿者/ ユウ -(2009/11/06(Fri) 00:02:30)
    1.プレイヤーとして参加するために必要なルールブックの範囲
     (ルールブック2以降を必要とするか? するならば、どの段階からにするか?)
    2.ゲームマスターがセッションを開催するために必要とするルールブックの範囲
     (ルールブック3を必要とするか?)
     上記桜花さんの意見に賛成します。

    3.セッションに使用が可能なルールブックの範囲
     (特に、採用すべきでないデータなど)
    3-1使用可能
     ルルブ3+アルケミストワークスの(第一部、第三部、第四部)
    3-2採用すべきでないデータ
     ルルブ3
     ・地方による神聖魔法の消費MPの増加
     ・名誉点によるコネクション
     ・騎獣の維持費:購入の意義があまり感じられないため
     ・性別限定の装備:性別を問わずに装備可能(名称は据え置き)
     アルケミストワークス
     ・第一部のアルケミストの加工品判定:戦利品買取など、GMへの処理が増えるため
     ・第二部の選択ルール全般:バランスが劇的に変わる+非所持PLへのルール説明が手間
     ・第三部の加工品ルール:加工品の購入は可能で、PCやNPCによる加工判定を却下
     AWの一部アイテム
      ※PCが使用するとモラル上、バランスにおいて問題が出そう 
      穢れの酒(P.107)
      穢れの杯(P.115)
      魔改造初心者用キット(P.119)
      呪いの矢(P.105)
      ※地方による神聖魔法の消費MPの増加と関連があるため
      浄化の聖印(P.131)

    4.必要な範囲と可能な範囲が異なる場合、そこを埋める方法
     (一部データの振り替え、封印、制限されたセッションへの参加の可否など)
     上記アザレアさんとウィンゲートさんの意見に基本的に賛成
     一部の異論は以下
     ○戦闘特技について
     ・自動取得の特技は、2までの卓では取得していないものとして扱う
     ・自動取得以外のルールブック3、アルケミストワークスの特技を取得しているPCは、2までの卓では習得なしとして扱う
      例)かばう、精密射撃、連続賦術(AW)、賦術の極意(AW)、ガーディアン(3)の9レベルキャラは
        かばう、精密射撃のみ習得した9レベルキャラとする
     ○アルケミスト技能について
     ・アルケミスト技能については取得制限なし
     ・ルールブック3までの卓に参加する場合は、賦術使用禁止、アルケミスト技能で行うその他の行為判定のみ行えるものとする
      (著作権を侵害しない程度にハウスルールに提示)
     ○魔法・錬技・呪歌などについて
     ・11レベル以上の魔法技能を持つPC:11レベル以上の魔法は使用できない。レベル及び魔力はそのまま
     ・ルールブック3掲載の錬技・呪歌を取得しているPC:これらの錬技・呪歌は2までの卓では使用できない。レベル及び基準値はそのまま

    ■実際の運用例
     募集時にGMが「ルールブック2まで」と明言する
     →PLはルールブック3、アルケミストワークスのアイテム、戦闘特技を封印した状態で希望を出す(希望に武器防具を明記?)
      ※代替装備を所持していないPCは、参加希望を出せない
      →セッション中:ライダーは騎獣を使用できない
             :アルケミストは賦術を使用できない
             :11レベル以上の魔法は使用できない
             :ルールブック3掲載の錬技・呪歌は使用できない

    ひとまず、以上です。
    なお、wingateさん並びにアザレアさんの意見を利用させていただいております。
引用返信/返信 削除キー/

次の5件>

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 >>

審議完了 / 返信不可

Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 ファイル一覧 検索

- Child Tree -